2018年1月7日日曜日

こどけん通信 6号が完成しました!


『こどけん通信』6号 完成しました!

🌼子どもたちに渡す未来のために
地域の人たちがつながる場をつくる
「たらちねクリニック」を開設
●鈴木薫さんに聞く(片山幸子)
...
🌼放射能とどう向きあうか? 
みんなで知識をシェアしよう。
測定しよう。
そして議論しよう。
●小豆川勝見さんインタビュー(石田伸子)

🌼福島のリテラシー(4) 
福島県民世論調査 知事支持率の虚像  ●coba2011

🌼本の紹介:Aya Hirata Kimura, “Radiation Brain Moms and Citizen Scientists”『放射脳ママと市民科学者 フクシマ以後の食品汚染のジェンダー・ポリティックス』 ●萩原ふく

🌼沈黙を強いる負の力を振り払うために 自分の言葉で発信する
避難者と水俣病患者の「協同のつどい」 ●吉田千亜

🌼測定所より 「粉ミルク・スキムミルク」を測ってみると     
●新宿代々木市民測定所 伏屋弓子

💌お申し込みは kodoken2@gmail.com まで。
1冊300円+送料 です

2017年10月31日火曜日

『こどけん通信』5号が完成しました!

『こどけん通信』5号が完成しました!
巻頭は「3.11甲状腺がんこども基金」についての崎山比早子先生インタビュー。
「福島のリテラシー」
ハッピーアイランドネットワークのお芝居の情報
いわきのTEAMママベクの活動
「原発もメガソーラーもいらない!」などなど。
ぜひ読んでくださいね〜。

ご注文は、
kodoken2@gmail.com

1冊300円ですが、多部数サービスなどなどあります。ご連絡ください。




2017年7月19日水曜日

こどけん通信4号ができました!

『こどけん通信』4号 完成しました!
contents
●国に命を預けず、自分の生き方は自分で決めるー仲間とともに、いのちが大事にされる社会をめざして
片岡輝美さん-----片山幸子
●フォローアップ除染は「心の除染」?
「対話」を妨げる安全の二重基準  INO
●福島のリテラシー 3
帰還困難区域「十万山」火災報道から考える coba2011
●FUKUSHIMAいのちの水 母親サロン座談会
子育てするママたちが安心して語り合える
あったかいサロンに来ませんか?
はら あけみ
●測定所より愛をこめて 2
通学路の苔を測定する 関川永子
●原発事故で被った損害が賠償されるのは当然です
あきらめないで請求しましょう---根本淑栄
●測定所より
「水道水」を測ってみると
新宿代々木市民測定所
ご注文は
kodoken2@gmail.com
まで!
一冊300円。送料は1冊120円、3冊まで180円です。


2017年6月30日金曜日

通学路測定 郡山市日和田地区/二本松市東和地区

「ホットスポットファインダー(放射線量測定器)」で地域の保護者と一緒に放射線量の測定を行いはじめてから、今年で6年目。事故から7年が経過した今なお、ホットスポットが確認されています。今回は、2017年4月に行った郡山市日和田地区と、2017年5月に行った二本松市東和地区の、通学路測定の様子をレポートします。
 
◆郡山市日和田地区
 のどかな田園風景の広がる郡山市日和田地区。二年前に日和田小学校の測定を行った同じコースを、改めて測定しました。測定を依頼されたのはHさん。近隣の保護者と測定結果を共有し、学校にかけあって、保護者が協力し合いながら、今なお、生徒の通学時の送迎を続けています。今回は、「今年度も送迎を続けさせてほしい」という要望を学校に届けるための測定です。

地表近くでは、今なお、毎時1マイクロシーベルトを超える場所が点在している

道路と、畑のあぜ道部分では、数倍の差がある
また、高さ(地表1mと地表ぎりぎり)でも数倍の差が出る
 

 道路除染の効果か、二年前より周辺の空間線量は下がってきてはいるものの、ホットスポットは今なお点在していました。特に、畑のあぜ道や、吹き溜まりには放射線量の高い場所が散見されます。子どもたちは、学校帰りにこういった場所で寄り道をすることもあるでしょう。Hさんはこの測定結果をもとに、「この結果ではまだ子どもたちを歩かせることに不安がある。学校と交渉します」と話していました。

◆二本松市東和地区
 震災当時0歳だった保護者が、小学校入学を期に「通学路を測定したい」と測定の依頼があり、二本松市東和地区に伺いました。昨年まで子どもたちが通っていたという「子ども園」の近くの土手でも、「毎時0.5マイクロシーベルトを超えて、土壌汚染は5000ベクレル/キログラムを超えていた場所があったんです」とAさん。子どもたちが喜んで遊ぶような丘になっています。「二本松はとってもいいところでしょう。『思いっきり遊んでおいで』と言える豊かな自然があったのに、今は『あれは触っちゃダメ、これはやってはダメ』って言わなくてはならないのがつらくてね――」
みんな小学1年生の子どもを持つ保護者


 測定し始めた大きな道路では、放射線量が毎時0.1~0.2マイクロシーベルトだったのが、山を切り開いて作られた道路に入った途端に、毎時0.4~0.5マイクロシーベルト(地表50cm)に上昇しました。道の両サイドにある斜面からの放射線量のようです。

 中学校の校門付近での測定では、地表近くで毎時2マイクロシーベルトを超える場所がありました。局所的ではあるものの、本来、子どもの生活圏にあってはならない汚染です。
 小学校の駐車場では、地表近くで毎時4マイクロシーベルトを超えるところまでありました。同行した保護者Bさんは「この辺りは、保護者が草むしりをする場所。こんなところ、素手で、例えば妊婦さんが…なんて考えたら。絶対にやらせてはいけないですね」と話していました。
東和中学校の校門前の地表近くで毎時2マイクロシーベルト。

 
東和小学校の駐車場の地表近くで毎時4マイクロシーベルト。

 運動競技場では、ゴムチップウレタン舗装(弾性のあるマラソンコース)に、放射性物質がしみ込んだままになっているのか、その上だけが毎時0.6~0.7マイクロシーベルト(地表50cm)という数値になりました。周辺の数値の、2~5賠ほどの数値です。

この日に測定した保護者のみなさんは「結果を持って、市や学校に相談したい」「今度は自宅周辺なども測定したい」と話してくれました。

 放射性物質の半減期や、除染で「放射線量は下がった」と言われがちですが、ホットスポットは今なお点在しています。今後も、通学路測定を続けていく予定です。

(文責:吉田千亜)

2017年3月13日月曜日

こどけん通信vol.3ができました!

『こどけん通信』3号 完成しました!
内容は

「乳歯プロジェクト」
「お母さんたちと一緒に作った支援活動」
📰「県民健康調査検討委員会」報道を読み解く」
「不安も悩みも出し合えるお茶会やってます」
「測定室から愛を込めて💜

などなど、盛沢山の内容です。
ぜひ、ご一読ください。

ご注文はkodoken2@gmail.comまで。
一冊300円。送料は1冊120円、3冊まで180円です。




2016年12月29日木曜日

こどけん通信 vol.2ができました!

こどけん通信 vol.2が完成しました!
こどもみらい測定所の石丸偉丈さんの土壌測定の話、疋田香澄さんの保養の話など、とても大切なことが書かれていてます。ぜひお手に取ってみてください。価格は300円です。
ご注文いただき次第、随時発送させていただきます。



content

●土壌の測定から見えてくるもの
 安全の基準はシーベルトからベクレルへ――石丸偉丈さん
●保養について語ろう
 実態調査の報告――疋田香澄さん
●福島のリテラシー
 甲状腺検査縮小報道を読む――coba2011
・「ただちに危険はありません」
・測ってみました 測定マップ
・子どもたちの視線 別海町の保養から
・測定所より 牛乳を測ってみると

価格 300円

ご注文は、こちらのメールアドレスまで!

kodoken2@gmail.com

送料
1冊 180円 40冊まで360円

荒木田岳先生から中学生たちへのメッセージ

【自分の頭で考え判断する強さを――】


2016113日、「子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト」は郡山市で中学生とその保護者を対象として、福島大学の荒木田岳先生を講師に勉強会を開催しました。
参加者は30名ほど。荒木田先生には「自分の身を守るためには何が大切なのか」をお話していただきました。



 冒頭に先生が示したお話の結論、それは「自分の足でデータを集め、自分の目で見て、自分の頭で判断しよう」ということでした。「津波がきたら、各自ばらばらに一人で高台に逃げろ」という意味の「津波てんでんこ」は、他にかまわず、とにかくそれぞれが自分の身を守らなければみんなが生きのびることはできない、という、経験に根差した先人の知恵でした。原発事故も同じで、政府のいうことを聞いていたら自分の身は守れない。
 一つの問題に対して一つの正しい答えがあると信じさせるような受験勉強も、「自分の頭で判断する」ことの障害になりうる。しかし、現実の世の中は、一つの問題に一つの答えしかないわけではありません。「正しい」「科学的」「客観的」という言葉に惑わされず、「本当にそうだろうか?」と問うこと。自分の頭で考える習慣をもち、流れている情報が信頼に足るものかどうかを判断する力をつけ、自分がどういう行動を選ぶのかを考えてほしい、というのが、荒木田先生のメッセージだったと思います。


 また、荒木田先生は被ばく防護がおろそかになっている現実を懸念し、「脱被ばく」の実践の障害になるのは、「同調圧力」「同化圧力」であり、(放射線への)不安をないことにする「自己抑圧」もあると言います。そして、「「私は私だから(被ばくの問題に向き合います)」と、表明するのは大変なことだけれど、強くなってください」としめくくりました。

お話のあと、参加した生徒たち一人ひとりが質問し、「慣れてしまったことは怖いことだと思った」と言う男の子も。保護者からも「(放射能汚染を)気にしながらも、こういった話を聞く場がほとんどありませんでした。貴重な時間でした」という感想がありました。

 子どもたちの健康と未来を守るプロジェクトでは、こういった勉強会を今後も開催する予定です。事前にこのブログでも告知いたします。
関心のある方はぜひご参加ください。